四診は患者の状態を知る手段

東洋医学では診断を下したり治療方針を決めるために四診という手段を使います。

四診というのは望診や聞診、問診、切診という4種類の診察です。

診察の仕方が4つというわけではなく、1つの種類の中にも複数の方法があったりします。

一つ目は望診と言って目で見て患者を診察していきます。

特に見るポイントとしては神気と呼ばれる生命力をしっかりと観察することです。

神気を見るためには患者の顔色や光沢、表情、目つき、姿勢などから神気があるかどうかを観察します。

神気が感じられるのであれば症状が重く見えたとしても回復に向かっていることが分かり、神気が無ければ症状が軽く見えたとしても悪化する可能性があると判断します。

望診は全体的な印象を診る全体的望診や顔面をよく観察する部分的望診そして舌を見る舌診に分けられます。

舌診というのは内臓など裏の状態を観察するのに一番いい方法です。

二つ目は聞診といって声の調子を聞いて診察するのと同時に臭いについても観察していきます。

医師が患者に対して体調などを聞きますので、その答えた声の調子や呼吸音などを参考にして診察してきます。

また、体臭や口臭といった臭いについても診断するときの材料になります。

診察に行く際にはなるべく重要な情報である臭いを消さないようにするといいでしょう。

三つ目は問診と言って患者に病気の状況について尋ねます。

本人の病歴や病気の経過、発症時期、食欲の有無、精神状態、排尿や排便の状態などを聞きます。

適切に患者に対して質問をすることにより、診断のキーポイントをつかむようにします。

四つ目は切診と言って実際に患者に触れて診察をしていきます。

この方法は直接治療に結びつくものです。

代表的なものとしては脈を診る脈診や腹部を診る腹診ではないでしょうか。

特に腹診は日本で特に重視されており、具体的なやり方としては患者を仰向けに寝かし、両足を伸ばしたまま腹部に力を入れないような形で診察を行います。

よるぷり 横浜
漢方の診察・診察方法・四診総論