未病の状態からでもアプローチ可能

皆さんの中には体がだるいとか腹が痛い、手足がすぐ冷えるなどという状態で病院に行って検査をしてもらったが、これといった異常が現れずにもやもやしたという経験を持っている人もいるのではないでしょうか。

こういう状態というのは自分の中では何かおかしいという予兆があるわけですが、いろいろと診てもらった結果何も異常がないわけですからほっとする気持ちにもなります。

しかしながら、また同じような症状が出てきたときにやっぱり不安になったりするものです。

こういう症状のことを未病といい、健康と病気の真ん中にある状態です。

もともと未病という言葉は中国語の言葉で、東洋医学で用いられる概念です。

まだ病気にはなっていない状態なのですが、病気にだんだん近づいているサインとして何らかの自覚症状が出てきたりします。

東洋医学ではこういう未病の状態であっても広い意味で病気という考え方をします。

そこで未病状態を早めに察知してどう治療していくかというのがポイントになってきます。

昔から中国では名医であれば未病を治すことが可能であるという言い伝えがあります。

未病の段階で病気を防ぐことこそが大事だという考え方です。

未病状態というのは具体的な病気の症状が出ていなくても、心と体のバランスが崩れている場合に病気になる可能性が高くなるので、この段階であっても何らかの治療を行います。

治療の方法というのは心と体のバランスを治す手助けをするようにマッサージや鍼灸、漢方などの方法を使用します。

現在の体の状態から病気になりかけている要因を探り、病気にならないように治療をしていきます。

病気になった時に初めて治療をするというよりは、未病の段階で未然に防いだほうが体力があり自己回復力がありますので、はるかに治りが早いです。

それならば、病気になる前に何か違和感とか異変があった時に対処をしたほうがいいわけです。

早めに対処をしていったほうがはるかに治りが早くなります。

未病とは – 日本未病研究学会