自然哲学をヒントにした陰陽五行思想

東洋医学の特徴というのは自然とのかかわりを重視していることです。

陰陽五行思想というのは陰陽思想と五行思想との組み合わせによってさまざまな事象を解明することになります。

この思想は医学の分野にも応用されることになり、この思想を基にして東洋医学が作られています。

陰陽思想というのは月と太陽とか水と火などという二つの事象を対立関係としてとらえることがポイントです。

形が無くて作用があるものを陽の代表として、形が合って性質がおとなしいものを陰の代表としてとらえます。

陰と陽の関係というのは相互に対立しているようで、相互に依存している関係でもあり、お互いがバランスを取りながら健全な環境が整っています。

人間の体も自然と同じように陰が強すぎたり陽が強すぎるというようにバランスが悪い状態というのは色々な病気にかかりやすくなります。

病気を治す方法としては陰陽のバランスを回復させることに力を入れていきます。

もう一つの五行思想というのは自然界をそれぞれの性質によって木や火、土、金、水という5つに分類することにより森羅万象をとらえる思想です。

これらの5つはお互いを助けあう関係であり、互いに抑制し合う関係でもあります。

これらのバランスが保てている時には何も問題が無いわけですが、どこか一部が弱っていたり衰えたりすることにより、その場所と一番関係があるところから順番に影響を受け、最終的にはバランスが取れなくなります。

西洋医学では原因不明の病気となると検査にも異常が出てこないので対処することが難しいわけですが、東洋医学ではどんな病気に対しても必ず原因があるということでそれを見つけ出します。

見えている症状だけでなく根本的なところを直さないと再発しますので、全体的なところからバランスを保つように治療を行っていきます。

陰陽五行理論を使って考えていくと一見関係しないことであっても関連していることが分かっていき、治療のヒントになります。

陰陽五行理論について

ボリューム満点のバストアップ