四診は患者の状態を知る手段

東洋医学では診断を下したり治療方針を決めるために四診という手段を使います。

四診というのは望診や聞診、問診、切診という4種類の診察です。

診察の仕方が4つというわけではなく、1つの種類の中にも複数の方法があったりします。

一つ目は望診と言って目で見て患者を診察していきます。

特に見るポイントとしては神気と呼ばれる生命力をしっかりと観察することです。

神気を見るためには患者の顔色や光沢、表情、目つき、姿勢などから神気があるかどうかを観察します。

神気が感じられるのであれば症状が重く見えたとしても回復に向かっていることが分かり、神気が無ければ症状が軽く見えたとしても悪化する可能性があると判断します。

望診は全体的な印象を診る全体的望診や顔面をよく観察する部分的望診そして舌を見る舌診に分けられます。

舌診というのは内臓など裏の状態を観察するのに一番いい方法です。

二つ目は聞診といって声の調子を聞いて診察するのと同時に臭いについても観察していきます。

医師が患者に対して体調などを聞きますので、その答えた声の調子や呼吸音などを参考にして診察してきます。

また、体臭や口臭といった臭いについても診断するときの材料になります。

診察に行く際にはなるべく重要な情報である臭いを消さないようにするといいでしょう。

三つ目は問診と言って患者に病気の状況について尋ねます。

本人の病歴や病気の経過、発症時期、食欲の有無、精神状態、排尿や排便の状態などを聞きます。

適切に患者に対して質問をすることにより、診断のキーポイントをつかむようにします。

四つ目は切診と言って実際に患者に触れて診察をしていきます。

この方法は直接治療に結びつくものです。

代表的なものとしては脈を診る脈診や腹部を診る腹診ではないでしょうか。

特に腹診は日本で特に重視されており、具体的なやり方としては患者を仰向けに寝かし、両足を伸ばしたまま腹部に力を入れないような形で診察を行います。

よるぷり 横浜
漢方の診察・診察方法・四診総論

経穴に刺激を与える鍼灸治療

鍼灸治療というのは東洋医学の一分野として中国から伝わった医療です。

鍼灸というのは鍼治療と灸治療を合わせた言い方で、鍼治療というのは極めて細いステンレス製の鍼を経穴に刺入し、灸治療というのはもぐさを燃焼させて経穴に刺激を与えます。

どちらにしても経穴と言われるツボに対して刺激を加えることにより、気の流れを回復させることにより治療を行います。

体が健康の時というのは全身がエネルギーや体液に満ち溢れており、ある場所でその流れが止まったり、滞ったりする場合に何らかの症状が出てきます。

経穴を押すと痛いという場合にはそこに何らかの症状が出てきています。

鍼灸治療というのは経穴を刺激することによりエネルギーの流れを取り戻し、その結果として症状を緩和することができたり、弱った機能を回復させることにつながります。

鍼医療を行うと痛いのではないかと思うかもしれませんが、使用している鍼は先端が丸くなっていますので、体の組織を傷つけることはありません。

鍼と言っても太さは0.15mmから0.25mm程度で髪の毛の太さとほとんど変わらないので、実際に痛くありませんし、出血をすることはないですし、痕が残ることもありません。

鍼を使うのに抵抗があるのであれば、電気鍼といって鍼の代わりに電気を当てるものがあります。

灸医療というのはもぐさや百草などを使って行う熱療法ですので、熱くないのかどうか気になるところです。

皮膚に直接据える場合には小さい大きさにするわけですが、多少の熱さは感じるものです。

別のやり方として灸点紙という紙の上に乗せる方法もあり、この方法であれば灸痕が残ることはありません。

鍼灸治療に有効といえば神経痛など痛みを抑えることです。

痛みを取る治療がそのまま病気の根本を治すことにもつながっていきます。

その他にはつらい症状があるにもかかわらず検査で異常が見つけらない時は、鍼灸治療を行うことで症状を和らげることが可能です。

健康保険で鍼灸治療を受けられる病気とその手順について

精力剤情報

未病の状態からでもアプローチ可能

皆さんの中には体がだるいとか腹が痛い、手足がすぐ冷えるなどという状態で病院に行って検査をしてもらったが、これといった異常が現れずにもやもやしたという経験を持っている人もいるのではないでしょうか。

こういう状態というのは自分の中では何かおかしいという予兆があるわけですが、いろいろと診てもらった結果何も異常がないわけですからほっとする気持ちにもなります。

しかしながら、また同じような症状が出てきたときにやっぱり不安になったりするものです。

こういう症状のことを未病といい、健康と病気の真ん中にある状態です。

もともと未病という言葉は中国語の言葉で、東洋医学で用いられる概念です。

まだ病気にはなっていない状態なのですが、病気にだんだん近づいているサインとして何らかの自覚症状が出てきたりします。

東洋医学ではこういう未病の状態であっても広い意味で病気という考え方をします。

そこで未病状態を早めに察知してどう治療していくかというのがポイントになってきます。

昔から中国では名医であれば未病を治すことが可能であるという言い伝えがあります。

未病の段階で病気を防ぐことこそが大事だという考え方です。

未病状態というのは具体的な病気の症状が出ていなくても、心と体のバランスが崩れている場合に病気になる可能性が高くなるので、この段階であっても何らかの治療を行います。

治療の方法というのは心と体のバランスを治す手助けをするようにマッサージや鍼灸、漢方などの方法を使用します。

現在の体の状態から病気になりかけている要因を探り、病気にならないように治療をしていきます。

病気になった時に初めて治療をするというよりは、未病の段階で未然に防いだほうが体力があり自己回復力がありますので、はるかに治りが早いです。

それならば、病気になる前に何か違和感とか異変があった時に対処をしたほうがいいわけです。

早めに対処をしていったほうがはるかに治りが早くなります。

未病とは – 日本未病研究学会

手技だけで施術を行う按摩治療

按摩というのは中国で生まれたもので日本には6世紀ごろに伝わったものです。

按摩の按というのはおす、摩というのはなでるという意味があることからわかるように手を使って施術を行います。

按摩は東洋医学の考え方に従って体の一部をもみほぐしたり動かしたりすることにより、血行が良くなりそれによって体の機能を回復させます。

具体的には血液循環や内臓機能、神経機能が改善したり、疲労回復に役に立ちます。

また施術を受けるとストレスを解消できるというリラックス効果もあります。

肩こりとか首こりというのは首から肩にかけての筋肉が姿勢を保つために疲れてしまい、血行が悪くなることから起こるものです。

ひどくなった時には首や肩が痛いというだけではなく、頭痛や耳鳴り、めまいなどを引き起こします。

肩こりや首こりの人というのは筋肉が固くなっていますので、まずは筋肉のこりを手を使ってほぐしていき、血液やリンパの流れを回復させます。

そこで気になるのは西洋から伝えられたマッサージとどう違うのかです。

按摩とマッサージというのは同じような施術をしていますが、按摩というのは体の中心から末端である手足に向かって衣服の上から施術を行い、マッサージは素肌にクリームやオイルをつけながら末端から体の中心に向かって施術を行います。

マッサージと称して施術をしてもらったとしても実際のところは按摩であることも多いです。

現在は按摩とマッサージとでの境界はつけづらくなっています。

按摩やマッサージというのは国家資格であるあん摩マッサージ指圧師の免許を持つ人しか行えないものです。

つまり、按摩やマッサージという名称を名乗りたいのであれば国家資格を取る必要があります。

最近ではリラクゼーションとかリフレクソロジーといった名称で同じようなことをやっている業者がいますが、これらの業者は国家資格がないためにそういう名称で商売をしているわけです。

あん摩マッサージ指圧師がいる所で施術を受けると保険が適用できるところもあります。

AMSnet 安心・安全・効果的なあん摩マッサージ指圧ネット

自然哲学をヒントにした陰陽五行思想

東洋医学の特徴というのは自然とのかかわりを重視していることです。

陰陽五行思想というのは陰陽思想と五行思想との組み合わせによってさまざまな事象を解明することになります。

この思想は医学の分野にも応用されることになり、この思想を基にして東洋医学が作られています。

陰陽思想というのは月と太陽とか水と火などという二つの事象を対立関係としてとらえることがポイントです。

形が無くて作用があるものを陽の代表として、形が合って性質がおとなしいものを陰の代表としてとらえます。

陰と陽の関係というのは相互に対立しているようで、相互に依存している関係でもあり、お互いがバランスを取りながら健全な環境が整っています。

人間の体も自然と同じように陰が強すぎたり陽が強すぎるというようにバランスが悪い状態というのは色々な病気にかかりやすくなります。

病気を治す方法としては陰陽のバランスを回復させることに力を入れていきます。

もう一つの五行思想というのは自然界をそれぞれの性質によって木や火、土、金、水という5つに分類することにより森羅万象をとらえる思想です。

これらの5つはお互いを助けあう関係であり、互いに抑制し合う関係でもあります。

これらのバランスが保てている時には何も問題が無いわけですが、どこか一部が弱っていたり衰えたりすることにより、その場所と一番関係があるところから順番に影響を受け、最終的にはバランスが取れなくなります。

西洋医学では原因不明の病気となると検査にも異常が出てこないので対処することが難しいわけですが、東洋医学ではどんな病気に対しても必ず原因があるということでそれを見つけ出します。

見えている症状だけでなく根本的なところを直さないと再発しますので、全体的なところからバランスを保つように治療を行っていきます。

陰陽五行理論を使って考えていくと一見関係しないことであっても関連していることが分かっていき、治療のヒントになります。

陰陽五行理論について

ボリューム満点のバストアップ