経穴に刺激を与える鍼灸治療

鍼灸治療というのは東洋医学の一分野として中国から伝わった医療です。

鍼灸というのは鍼治療と灸治療を合わせた言い方で、鍼治療というのは極めて細いステンレス製の鍼を経穴に刺入し、灸治療というのはもぐさを燃焼させて経穴に刺激を与えます。

どちらにしても経穴と言われるツボに対して刺激を加えることにより、気の流れを回復させることにより治療を行います。

体が健康の時というのは全身がエネルギーや体液に満ち溢れており、ある場所でその流れが止まったり、滞ったりする場合に何らかの症状が出てきます。

経穴を押すと痛いという場合にはそこに何らかの症状が出てきています。

鍼灸治療というのは経穴を刺激することによりエネルギーの流れを取り戻し、その結果として症状を緩和することができたり、弱った機能を回復させることにつながります。

鍼医療を行うと痛いのではないかと思うかもしれませんが、使用している鍼は先端が丸くなっていますので、体の組織を傷つけることはありません。

鍼と言っても太さは0.15mmから0.25mm程度で髪の毛の太さとほとんど変わらないので、実際に痛くありませんし、出血をすることはないですし、痕が残ることもありません。

鍼を使うのに抵抗があるのであれば、電気鍼といって鍼の代わりに電気を当てるものがあります。

灸医療というのはもぐさや百草などを使って行う熱療法ですので、熱くないのかどうか気になるところです。

皮膚に直接据える場合には小さい大きさにするわけですが、多少の熱さは感じるものです。

別のやり方として灸点紙という紙の上に乗せる方法もあり、この方法であれば灸痕が残ることはありません。

鍼灸治療に有効といえば神経痛など痛みを抑えることです。

痛みを取る治療がそのまま病気の根本を治すことにもつながっていきます。

その他にはつらい症状があるにもかかわらず検査で異常が見つけらない時は、鍼灸治療を行うことで症状を和らげることが可能です。

健康保険で鍼灸治療を受けられる病気とその手順について

精力剤情報